ホームページ作成英会話 |

ホームページ作成英会話

ホームページ作成英会話 「猫川柳」人気投票沸く 380票を超える 滋賀

2011.10.18 Tue

11:46:28

■「こにゃん市」あすまで 来月上旬順位発表

 「家計簿にオレより猫にいい食費」「猫のためクーラーつける言い訳に」−。架空のネコ都市「こにゃん市」でまちおこしをしている湖南市観光物産協会が、ネコと世相をテーマに募集した「猫川柳」130句の人気投票を、こにゃん市ホームページ(HP)で受け付けている。30日までで、28日までに投票総数は380票を超え人気沸騰中だ。順位発表は10月上旬の予定。

                   ◇

 アップされた川柳はさまざまな内容で、厳しい経済情勢に「客は減り招き猫だけ増えていく」、節電が叫ばれた今夏に「熱帯夜猫の跡つけ風探す」、はやりの婚活には「婚活で猫に教わる甘え方」など。政治を扱った句も多く、「猫の毛が生えかわる頃新政権」と皮肉たっぷりに詠んでいる。

 8月12日から9月10日まで市内外の人から募集。こにゃん市の人気を受け483もの句が集まり、観光物産協会の職員が選考した。今月11日から、選び出した130句をHPに並べ投票をスタートし、アクセスした人が一目で選べるようずらりと句を並べている。

 1人1日3票まで投票でき、毎日別々の句を選び票を入れることも可能。ちょっと変わった投票形式だが、市観光物産協会は「投票する楽しみを何度も味わえると思った。毎日HPを見てもらおうという狙いもある」と説明する。

 10月上旬の結果発表後、人気ナンバーワン川柳の作者にはこにゃん市関連グッズが贈られる。

 湖南市観光物産協会の奥村通裕事務局長(56)は「今後もテーマを変えてネコ川柳を募集したい。これで湖南市がネコの町として一層全国に浸透すれば」と期待している。

 一方、超人気者になったこにゃん市長のオスネコ「ぎん」(2歳)は、飼い主の園田めぐみさん(39)=湖南市岩根=が「ネコの思いが五七五に詰まっているにゃ。いっぱい投票してほしいにゃ」と思いを通訳した。

【関連記事】

ホームページ作成株式会社杉山システム

オススメ情報

コメントの編集
秘密にする

トラックバック
トラックバックURLはこちら